SHIBATAROのブログ

映画音響/映画音楽研究の基本文献リスト(4):日本の映画音楽研究 関連文献(2010年代・随時更新)

日本の映画音響・映画音楽関連の書籍を列挙。作曲家のインタビューなどは除きつつ、学術的なものも、学術的でないものも挙げてます。本当は論文を入れると景色が変わりますけども、それはまた追々。

 藤野正明『映画の中のクラシカル』(東京図書出版、2018)

 

特集「映画音楽の技法」『Keyboard magazine』(2017年10月号)

小林淳『ゴジラ映画音楽ヒストリア』(アルファベータブックス、2016)/『ゴジラの音楽:伊福部昭、佐藤勝、宮内國郎、眞鍋理一郎の響きとその時代』(作品社、2010)

栗原 詩子『物語らないアニメーション: ノーマン・マクラレンの不思議な世界』(春風社、2016)

音楽学』に谷口昭弘先生の書評あり。

谷口昭弘『ディズニー・ミュージック:ディズニー映画 音楽の秘密』(スタイルノート、2016)/『ディズニー映画音楽徹底分析』(スタイルノート、2006)

 

尾鼻崇『映画音楽からゲームオーディオへ:映像音響研究の地平』(晃洋書房、2016)

高岡智子『亡命ユダヤ人の映画音楽:20世紀ドイツ音楽からハリウッド、東ドイツへの軌跡』(ナカニシヤ出版、2014)

音楽学』に中村伸子さんによる書評。

長門洋平『映画音響論:溝口健二映画を聴く』(みすず書房、2014)

小林淳『伊福部昭と戦後日本映画』(アルファベータブックス、2014)

細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか: アニメーションの表現史』(新潮社、2013)

小沼純一『映画に耳を: 聴覚からはじめる新しい映画の話』(DU BOOKS、2013)

菊地成孔大谷能生『アフロ・ディズニー:エイゼンシュテインから「オタク=黒人」まで』(文藝春秋、2009)