SHIBATAROのブログ

SHIBATAROのブログ

柴田康太郎のブログ。映画音楽・映画・音楽の研究してます。

映画館資料のデータベースのことなど(1):映画館プログラム

コロナウイルスの蔓延が大変な事態になっていて、今週末はひとまずひきこもり、翻訳をしたり、本を読んだりしているのだけれど、そういうなかで改めてデジタルデータベースの存在意義を強く感じている。映画館における音楽文化を考察するうえで博士論文で重要な手がかりとして扱い(『美学』で一部発表したもの)、そしてその後も調査を続けている映画館プログラムのデータベースが新たに公開されたのを知って、おお!と驚いて、メモしておかなくちゃと思いながら、ブログにした次第。

戦前の日本における映画文化を考えるうえでの文献としては、これまで書籍、雑誌、新聞が調査されてきたけれど(そしてその分析はまだまだ汲みつくせないほどの可能性を秘めているのだけれど)、近年、注目を集めているのが映画館プログラム。

映画館プログラムというのは、映画館週報とも呼ばれる、映画館で発行されていた印刷物。戦前の映画館では複数本の映画が上映されていたので、その番組表や作品の概要、広告、さらには観客の感想投稿から批評まで様々な情報が掲載されていた。その掲載内容については映画館や時期によってもかなり異なっている。

映画館プログラムについてはつい先日、近藤和都さんの『映画館と観客のメディア論:戦前期日本の「映画を読む/書く」という経験』(2020)が刊行された。博士論文は以前から読ませてもらって、僕自身の博士論文にとっても重要な刺激をたくさんもらっていたのだけれど、本書もまた、映画館プログラムの形態の多様性や変化から、これを取り巻く文化の面白さまでが鮮やかに示されていて、まったく舌を巻く。

キーワードになっているのは「オフスクリーン」という言葉。映画音楽研究であれば「offscreen」は「画面外(かつ物語世界内)」という意味だけれども、もちろんここではそこまで限定的な意味ではない。映像そのものを見る体験(スクリーンの体験)をとりまく、プログラムや広告などをふくむ映画体験のコンテクストがどのように作られているのか、そしてそれがどのような機能を果たしてきたか、どのような機能を求められてきたのかということ。本書ではこの複数の問題が歴史的かつメディア論的に考察される。今後の映画研究、映画館研究の、間違いなく必読書。ちなみに、この少し前に出版された菅原慶乃先生の『映画館のなかの近代:映画観客の上海史』(2019)もまた、関連するプログラムに関しても書かれていて、本当におもしろい。

 

ちなみに、音楽研究であれば、プログラム研究というのは一定の厚みがある(西洋芸術音楽における「絶対音楽」志向は、それをとりまく演奏会プログラムや楽曲解説などの言語的なメディアの発達とも相補的な関係にあった)。近藤さんの本でも示されているように、映画館プログラムも、音楽のプログラムから影響を受けて生まれたものらしい。芸術体験をとりまくメディアとの関わりによってその芸術体験がどのように構造化されるのかという問題系は映画だけでない興味のつきない問題(といっても、以下のウィリアム・ウェーバーのものなどは、必ずしもそういうテーマが主題なわけではないけれど)。

古い映画館については、藤森照信先生は映画館の建築についての『藤森照信のクラシック映画館』(2019)が刊行されていて、これが素敵な写真ともどもまためっぽう面白いのだけれど、これについてはまた追々。

映画館プログラムはもともと、映画ファンにとっては収集対象だったりもしたのだかえれど、中心的な/大きな映画館以外は現存が限られていて、しかも大きな映画館でも現存は意外と限られているものも少なくない。かつて『プログラム映画史』という本でごく一部が復刻されたりもしていたけれど、近年は昨今の資料公開の波のなかで、すこしずつオンライン公開もなされ、あるいは所蔵情報が公開されるようになっている。で、このメモを作りたかった記事なのだけれど、気づいたのは以下の4種(五十音順)。

 

資料公開ってほんと閲覧するのは簡単だけど、こういう公開を進めることというのは相当の手間暇がかかるので、こういった環境が作られていることは本当にすばらしい。

もっと他にもあるのかもしれないし、関連のデータベースがどこでどう公開されているのかよくわかっていないけれど、こういったかたちで、資料公開が進んでいくと映画研究もまた大きく様変わりしていくにちがいない。

ちなみに、ほかに重要なデジタル公開の拠点は国立映画アーカイブの「NFAJデジタル展示室 NFAJ Digital Gallery」。映画館の写真、映画スチル、映画ポスターが公開されている(それどころか沢村四郎五郎の脚本まで公開されている!!)。

本当は職場であれこれ公開予定のデータベースについても紹介したいところだけど、また追々。

映画音響/映画音楽研究の基本文献リスト(4):日本の映画音楽研究 関連文献(2010年代・随時更新)

日本の映画音響・映画音楽関連の書籍を列挙。作曲家のインタビューなどは除きつつ、学術的なものも、学術的でないものも挙げてます。本当は論文を入れると景色が変わりますけども、それはまた追々。

 藤野正明『映画の中のクラシカル』(東京図書出版、2018)

 

特集「映画音楽の技法」『Keyboard magazine』(2017年10月号)

小林淳『ゴジラ映画音楽ヒストリア』(アルファベータブックス、2016)/『ゴジラの音楽:伊福部昭、佐藤勝、宮内國郎、眞鍋理一郎の響きとその時代』(作品社、2010)

栗原 詩子『物語らないアニメーション: ノーマン・マクラレンの不思議な世界』(春風社、2016)

音楽学』に谷口昭弘先生の書評あり。

谷口昭弘『ディズニー・ミュージック:ディズニー映画 音楽の秘密』(スタイルノート、2016)/『ディズニー映画音楽徹底分析』(スタイルノート、2006)

 

尾鼻崇『映画音楽からゲームオーディオへ:映像音響研究の地平』(晃洋書房、2016)

高岡智子『亡命ユダヤ人の映画音楽:20世紀ドイツ音楽からハリウッド、東ドイツへの軌跡』(ナカニシヤ出版、2014)

音楽学』に中村伸子さんによる書評。

長門洋平『映画音響論:溝口健二映画を聴く』(みすず書房、2014)

小林淳『伊福部昭と戦後日本映画』(アルファベータブックス、2014)

細馬宏通『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか: アニメーションの表現史』(新潮社、2013)

小沼純一『映画に耳を: 聴覚からはじめる新しい映画の話』(DU BOOKS、2013)

菊地成孔大谷能生『アフロ・ディズニー:エイゼンシュテインから「オタク=黒人」まで』(文藝春秋、2009)

 

 

映画音楽に関する公開研究会「無声期の映画館における和洋合奏」開催(1/13)のお知らせ

今年度も早稲田大学演劇博物館 演劇映像学連携研究拠点の公募研究チームの公開研究会を行います。例によって正月明けです。お忙しい時期かと思いますが、ぜひご参加ください。(随時更新)

  • フィルムセンター所蔵フィルム以外で現存する『忠次旅日記』の貴重な断片フィルムの上映が決定しました(約1分×2本)(更新2017/12/24) 
  • 第1部のシンポジウムの詳細と第2部の参考上映の映画説明者・映画伴奏の演奏者情報を追記しました(更新 2017/12/13)
  • 作品名を公開しました! 『忠次旅日記』です。当日はセンター試験の初日ですが、ご都合つく方は是非お越し下さい!!!(更新 2017/11/28)

公開研究会 無声期の映画館における和洋合奏ーー楽譜資料「ヒラノ・コレクション」とSPレコード

日時 2018年1月13日(土)13:30 ~ 17:00(予定)
場所 早稲田大学小野記念講堂
入場無料・予約不要

http://www.waseda.jp/prj-kyodo-enpaku/activity/2018_0113.html

趣旨

無声映画の時代、時代劇には和洋合奏で音楽がつけられていました。演劇博物館に所蔵されている「ヒラノ・コレクション」は、当時の映画館で実際に使用されていた楽譜資料で、演奏の実態を今日に伝える貴重な資料となっています。ところが、同時期に流通したSPレコードには、コレクションの譜面にはない様々な鳴物の音が確認できます。そこで研究会の第1部では、楽譜や文献とともに、改めてSPレコードの音源等を交えて当時の和洋合奏のあり方を再検証します。第2部ではその成果に基づき、鳴物をふくめた和洋合奏によって『忠次旅日記』の上映を行います。

プログラム

第1部 シンポジウム(13:30-15:00)

発表 日活直営館における時代劇伴奏と和洋合奏
  柴田康太郎(早稲田大学演劇博物館研究助手)
発表 ヒラノ・コレクションからみる場面別表現と邦楽器
  白井史人(日本学術振興会特別研究員PD)
発表 無声期日本映画の「尖端」と映画館における語り・音楽
  紙屋牧子(東京国立近代美術館フィルムセンター特定研究員)
音源紹介 『忠次旅日記』に関するSPレコード
  片岡一郎(活動写真弁士)
邦楽解説 SPレコードにおける邦楽表現
  堅田喜三代(邦楽演奏家
コメント  アーロン・ジェロー(イェール大学教授)

15:00 –15:15 休憩(15分)

第2部 参考上映『忠次旅日記』(15:15-17:30)

 1927年、日活大将軍、111分、35mm、染色・無声・不完全  
 東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品
 監督:伊藤大輔、出演:大河内傳次郎、中村英雄、澤蘭子、伏見直江

※フィルムセンター所蔵フィルムの上映前に以下の2本の現存断片フィルムも上映します
 ・「甲州殺陣篇」(早稲田大学演劇博物館蔵、1分)
 ・「信州血笑篇」(牧由尚氏個人蔵、1分)

出演 
片岡一郎(活動写真弁士)

湯浅ジョウイチ(指揮)
鈴木真紀子(フルート)、古橋ユキ(ヴァイオリン)、川上統(チェロ)、丹原要(ピアノ)、宮澤やすみ(三味線)、堅田喜三代(鳴物)

※「ヒラノ・コレクション」から新たに選曲を行い上映します

主催 早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点 公募研究「楽譜資料を中心とした無声期の映画館と音楽の研究」

協力:東京国立近代美術館フィルムセンター、日活株式会社

映像・画像提供:牧由尚

http://www.waseda.jp/prj-kyodo-enpaku/activity/2018_0113.html

f:id:SHIBATARO:20171213234524j:plain

f:id:SHIBATARO:20171213234601j:plain