SHIBATAROのブログ

(日本)映画史の入門書・入門(作成中)

【2017/07/15更新】

質問があったので、武蔵美の学生向けに入門者向け映画史(+分析)の参考文献リスト(?)を作ってみた。通史として書かれつつコンパクトで1冊にまとまっているものをメインにして。もちろんコンパクトに書かれた歴史記述というのは(間違いだってあるし、主観的と思わずにいられない記述もあるし)1冊よんでお終いということにしないことが大事だけど、まずは1冊読むべし。

質問のなかには、1980年代以後についての記述がある書籍を教えてほしいというものもあったのだけど、あまりまとまった記述は思い当たらないので他にご存知の方ぜひお教えください。

映画史の新書

さて、まず新書。映画を扱う新書はたくさんあるけれども、映画史という体裁の本としては、ひとまず以下のものがある。『日本映画110年』や『フランス映画史の誘惑』は作品ベースの歴史。『ハリウッド100年史講義』や『映画館と観客の文化史』はもっと広く産業史・社会史・文化史といった観点からの記述。どれも定番。

    

僕のやってる授業は「日本映画史」なので『日本映画110年』については補足を。日本映画史のより詳しい本としては佐藤忠男『増補 日本映画史』(全4巻)があるのだけども、どちらも大よそ10年単位で章立てをしているので目次なども比較してみると面白い。1950年代なんかは『日本映画110年』は佐藤の論述も下敷きにしつつ(章立て=節立てなど)、これを大胆に圧縮したものとしても読める。『日本映画110年』を読んでみて気になったところは『増補 日本映画史』を参照して、2冊を見比べながら筆致から垣間見える筆者の個性を読むのもおもしろいと思う。

   

ちなみに、新書がこういうふうに4冊も挙がる一方で、文庫となると浮かぶものがない。田中純一郎の『日本映画発達史』(全5巻)などは日本映画史の必須文献だけども、極めて詳細な5巻本だし入門書ではない。当たり前ながら、ゴダールの『ゴダール 映画史(全)』は1巻本で入門書みたいに見えるにせよ、いわゆる通史ではない。手に取ればすぐわかるけども。

日本映画史にかんするその他の単行本

次に、新書・文庫以外で一冊でまとまっているようなもの。結局すこししか浮かばなかった。まず日本映画史だと、北海道新聞の連載をもとにした『日本映画100年史』が読みやすい。新聞記者が書いていることもあって社会史的なところも強く書かれているので、社会背景などを踏まえて読むのに良い。と同時に、北海道での事例を織り交ぜて書かれているので、一般的な入門書とはいえないところもあるけども、そこに地方から見る日本映画史みたいな特徴がある。個人的にはそこがとくにおもしろい。

『世界の映画作家31 日本映画史』(キネマ旬報、1976年)も古い本だけど、1冊で詳細な記述が行われていてとても充実している。映画100年(1995年)の頃に作られた展覧会の図録やムック本にもコンパクトで読みやすい本がある。それから、村山匡一郎編『映画史を学ぶ クリティカル・ワーズ(新装増補版)』(2013)も参考書として有意義。これはその名の通り用語集なのだけれども、10年ごとにくぎって簡単に2~3頁ずつその時代をまとめた記述もあるので、ちょっと通史的なところがある。

    

ちなみに「国会図書館デジタルコレクション」にも映画本でもとんでもなく貴重な本がたくさんオンライン公開されている。歴史的文献だけども。日本映画史ということでいえば、筈見恒夫『映画五十年史』(鱒書房、1947年)がある。もっと遡れば、映画評論社編『定本世界映画芸術発達史』(映画評論社出版部, 1933)もある

1980年代以後の歴史を扱うもの

で、1980年代以後の歴史記述っていうことで質問があったので考えてみたのだけれどもあまり思い浮かぶものはないのだけど、Cine Lessonシリーズはコンパクトでとてもいい仕事。これまで計18冊出ていて、いろいろなトピックを扱った本が出ているのだけれども、日本映画史で下の2冊を、ついでに世界映画史の1冊(これは古い時代を扱うものだけど)を挙げてみた。それから『映画秘宝』系のものも。

  • 武藤起一、森直人編『〈日本製映画〉の読み方1980~1999 / シネレッスン(6) 』フィルムアート社、1999年。
  • 森直人編『日本発 映画ゼロ世代 新しいJム-ヴィ-の読み方/ シネレッスン別冊』フィルムアート社、2006年。
  • 浜口幸一編『「逆引き」世界映画史! / シネレッスン(7) フィルムアート社、1999年。 

       

映画分析・映画編集

ついでに、他にも質問があった映画の分析手法の教科書みたいなもので平易なものについて(この項目についてはもっとたくさん書いたのに消えてしまったので簡単に)。この種の本でこれ!というものに僕はまだ出会っていなくて紹介に困るのだけど、日本映画を事例にした映画編集についての本としては、今泉容子『映画の文法:日本映画のショット分析』がある。編集技法入門事典みたいな感じ。日本映画を離れれば編集技法事典的なものはたくさんある。同じ「映画の文法」というタイトルのダニエル・アリソンの本もあるし、画面の写真もたくさん入った本で1冊になってるのは『映画表現の教科書』とかもある。

でも、映画の文法の枠組みを知ろうと思えば、何よりもボードウェルとトンプソンの『フィルムアート:映画芸術入門』が重要な教科書。まずは第Ⅳ部かしら。

    

 作り手側の言葉によるものでおもしろくて刺激的なものには、ヒッチコックトリュフォーの『定本 映画術』や塩田明彦『映画術』が定番か。目から鱗が落ちまくるので大変。

 

その他

また追々。